材料:

既製のパイ生地 (35×22.5 cm)
縦に切ったグリーンアスパラガス 300g
オリーブオイル
海塩
細かく刻んだ赤玉ねぎ 4 個
小さじ1 ドライタイム
大さじ1 サハラ
赤ワイン酢
塩・ブラックペッパー(お好みで)
レモン1個分の果汁と皮
冷凍えんどう豆 450g
刻んだミントの葉 30g

レシピ:

焦げ付き防止のフライパンにオリーブオイル大さじ2を熱します。 玉ねぎ、塩、こしょうを加える。 数分間炒めたら、タイムと砂糖を加えます。 玉ねぎがしんなりしてきたら酢を加える。 必要に応じてオイルを追加できます。 弱火で30分煮込みます。

その間にエンドウ豆を沸騰したお湯の鍋に入れます。 数分後、ザルに水を切り、ミント、大さじ 2 杯のオリーブ オイル、レモン汁の代わりにブレンダーに移します。 泡立ててピューレを作る。

オーブンを200°Cに予熱します。生地を4つの同じ長方形に切り、天板に置きます。

エンドウ豆のピューレを端に1cm残して生地の上に広げます。 キャラメリゼした玉ねぎとアスパラガスをピューレの上にのせます。 少量のオリーブオイルをまぶし、オーブンに25~30分入れます。

完成したタルトにレモンの皮、海塩をふりかけ、ミントを飾ります。

どうぞお召し上がりください!

ソース: vegansociety.com

翻訳: エカテリーナ・ロマノヴァ